不動産投資 プロが答えるQ&A~原状回復篇~

Q1. 入居者が退去する場合の原状回復をめぐって、どのようなトラブルが考えられますか?

A2.原状回復工事の負担が貸主か借主かどちらの負担かで揉めるトラブルが多いです。

一般的に通常損耗については貸主、

故意過失による汚損破損については借主の負担になるのが原則です。

東京都内の物件ではガイドラインが細かく設定されており、

ガイドラインの内容に基づいて判断されるのが原則です。

ガイドライン以外の内容でも、借主の合意を得たものについては認められる場合があり、

その場合は契約書にきちんと明記しておく必要があります。

但し、その内容が借主にとって著しく不利な内容である場合や、

一般的に見てみて不合理な場合は、適用されないケースがあるので注意が必要です。

 

弊社で管理物件でも退去時の部屋の状態が、通常損耗であるのか、借主の過失であるかの

判断でトラブルになるケースが多いです。

そこで、入居時にどのような状態で引き渡したかを明らかにしておく必要があります。

悪質な入居者の場合、最初から汚れた状態、設備が壊れた状態で引渡しを受けたので

借主負担ではないという理不尽な主張をするケースがあります。

それを防止する為に、弊社では入居時室内チェックシートという書類を

入居した方に記載して頂いております。

それによって引渡し時の部屋の状態を入居者と認識し、

退去時の費用負担についてトラブルにならないように心がけております。

また、設備についても貸主か借主どちらで設置した設備かを廻って揉めるケースもあるので

入居時の設備の設置状態も明らかにしておく必要があります。

 

 

関連記事