徹底比較!不動産投資のメリット3つ

不動産投資の目的は人によって様々です。

老後の年金不安、副収入の確保、節税対策や資産の入れ替え等々、理由は様々ですが、ここでは一般的な不動産投資のメリットを紹介します。

 

 ミドルリスク・ミドルリターン

一般的に不動産投資は株式投資やFXに比べ安全性が高く、ミドルリスクミドルリターンと言われています。株であれば、経済状況に大きく左右され、短期間で株価が倍にもなることもあれば、半分にもなるとこも考えられます。即ち資産が短期間の間に倍にもなれば、半分になる可能性もありリスクの高い投資です。

一方、不動産については、短期間で価値が倍になることも無ければ、半分まで価値が下落する事もありません。

勿論、経済状況に左右されるのは事実ですが、不動産から生じるインカムゲイン(賃料収入)については、経済状況と連動して大きく上昇・下落する事はありません。

滞納、空室リスク等はありますが、他の投資と比較して外部要因に大きく左右されることなく、毎月一定の収入を確保することが出来ます。

不動産が上昇したタイミングで売却してキャピタルゲイン(売買差益)を狙う事も可能です。

 

銀行融資が受けられる

不動産投資は、唯一、銀行融資によって投資が可能です。

銀行融資によって、自己資金の何倍もの金額の不動産を取得することができ、レバレッジを利かせた投資ができるも不動産投資の特徴です。

毎月、賃料収入を原資に銀行に返済をしながらキャッシュフローを残せるのは不動産投資の魅力ではないでしょうか。

ちなみに融資を利用して不動産を購入する場合は、一般的に団体信用生命保険に加入を求められます。これは、万一、債務者が不慮の事故で亡くなった場合、ローンの残債に応じて保険金が支払われ、残されたご家族には債務完済後の不動産を残すことが出来る保険です。

 

節税効果

その他、節税対策になるのも不動産投資の特徴です。

相続税対策では相続財産が現金であればそのままの評価ですが、不動産を活用する事により、財産評価額を下げ、大きな節税効果を期待することが出来ます。

また、不動産投資で赤字になった場合、他の所得等と損益通算でき節税することも可能ですが、あくまで不動産投資は、安定的に収入を確保するのが目的なので、このような節税目的での不動産投資は危険です。

不動産でお困りのことがあればユナイテッド不動産までご相談下さい。

関連記事