不動産投資の基本!収益物件購入のメリット・デメリット

不動産投資の基本!収益物件購入のメリット・デメリット

不動産投資を上手に行うためには、利益を確保することが大切です。そのため、不動産投資を考えている方に、まず最初に必要となるのが、収益物件の購入です。収益物件とは何なのか、収益物件を購入することにどんなメリットとデメリットがあるのか、それぞれについて考えてみましょう。

不動産運営の収益物件とは

不動産投資を賢く行うために最も大切なのが、最初の物件選びです。不動産の中でも、利益を獲得することを目的とした物件が、収益物件と呼ばれるものです。

不動産投資における利益には、インカムゲインとキャピタルゲインの2種類があります。インカムゲインとは安定的、継続的に得られる家賃収入のことで、キャピタルゲインとは土地の転売などで得られる利益のことを言います。

物件次第では、毎月安定したインカムゲインを得ながら、不動産価値が上がればその時点で売却し、キャピタルゲインも得ることができるのが、不動産投資の醍醐味と言えます。

物件を購入したけれど、空室が続いてしまったり、修繕費が大きくかかったりしていると、不動産投資で得られる利益は少なくなってしまいます。そのため、高い利益を得られる物件を選ぶことが大切なのです。

収益物件を購入するメリット

では、収益物件を購入するメリットには、どんな点があるでしょうか。

自己資金ゼロでもできる

株や投資信託などの金融商品を購入するための資金は、自分で用意しなければならず、銀行が貸してくれることはありません。しかし不動産投資では、自己資金がほとんど無くても銀行から資金を借り入れて、物件を購入することができます。

運用は人に任せて副収入を得られる

不動産投資は、物件を購入すればそれ以降の入居者募集や家賃の回収などの運用は、すべて管理会社へのアウトソーシングが可能です。自分は本業に専念しながら、一定の副収入を安定的に得られるというのが、収益物件購入のメリットです。

生命保険代わりになる

多くの場合、ローンを組んで収益物件を購入するとき、団体信用生命保険に加入します。これは、不動産オーナーに死亡など万一の事態が起きたとき、ローンの残債をまかなってくれるという保険です。つまり不動産投資を行っていて万が一の場合でも、家族に負債を残さないで済む上、ローンの返済が終わった収益物件は手元に残るので、生命保険の代わりにもなるということです。

収益物件を購入するデメリット

次に、収益物件を購入する際に知っておきたいデメリットについて考えてみましょう。

投資額が高額である

投資信託は10,000円程度から始めることができ、気軽に投資をスタートできます。しかし不動産物件は、銀行からの融資が可能とはいえ、投資額は非常に高額になります。さらに、投資額が高額になるということは、もしも失敗した場合の損失も大きくなることを理解しておかなければいけません。

空室による家賃収入ゼロのリスクがある

不動産投資で避けたいのが、入居者が見つからず空室になることです。これでは家賃収入が入らないだけでなく、不動産のローン返済、維持費などで赤字となってしまいます。不動産投資では、空室の期間をいかに短くできるかがポイントで、空室によって家賃収入がゼロになるリスクがあることも、把握しておきましょう。

リフォーム費用・家賃低下によるマイナス経営のリスクがある

不動産投資を続けていくと、物件の老朽化によってリフォームが必要になってきます。この費用は、当然ながら不動産オーナーが負担しなければいけません。また、家賃は周辺の競合物件に左右されるため、家賃を希望よりも低く設定せざるを得ない可能性もあります。

資産価値が下がるリスクがある

不動産の資産価値が、購入時より上がれば、売却によって利益を得ることができます。しかし資産価値が下がってしまうことも、可能性として想定しておかなければなりません。

不動産運営の基本は収益が出ること

不動産を運営することの目的は、やはり利益を出すことです。不動産運営を賢く行うためにも、利益物件購入のメリットとデメリットをよく把握した上で、購入しようと考えている物件が収益物件になり得るかどうか見極めることが重要でしょう。

出典:マンション投資のメリットとデメリット

出典:収益物件の活用で「安定的に資産が残せる」理由

関連記事