不動産を売却する方法のひとつ「買取」のメリットとデメリット

不動産を売却する方法のひとつ「買取」のメリットとデメリット

不動産を売却する方法としては、大きく分けると「買取」と「仲介」の2種類が存在します。一般的には仲介を選ぶ人が多いものの、買取を選んだ方が良いケースがあるのも事実です。今回は、「買取」と「仲介」の違いと買取のメリット、デメリットについてご紹介します。

買取と仲介との違い

まずは不動産売却における、「買取」と「仲介」の違いについて解説します。

買取とは

買取とは、物件を不動産会社に直接買い取ってもらう方法です。買取の場合は「物件を売る相手」が「不動産会社」であることを覚えておきましょう。

仲介とは

一方仲介は、「物件を売る相手」は「一般の個人」です。不動産会社は物件売買における委託先となります。不動産会社に手数料を支払って、売りたい物件の広告を出してもらったり、手続き関連を代行してもらったりします。

買取のメリットとデメリット

次は、買取のメリットとデメリットについて解説しましょう。

買取のメリット

買取りには以下のメリットがあります。

  • 早く売れる

仲介の場合は、売り出した物件に買い手がつくまで売却が完了しません。仮に購入希望者がすぐ現れても、実際に物件を見にくる「内覧」の過程を経てから決めることがほとんどです。そのため、どうしても売却までは時間がかかってしまいます。一方、買取であれば「買い手」がすでに決まっているため、価格の折り合いさえつけばすぐに売却して現金化が可能です。

  • 瑕疵担保責任が無い

瑕疵担保責任とは、売却後に見えない欠陥が見つかった場合「修繕の義務が売主にある」というものです。見えない欠陥とは例えば「雨漏りしている箇所がある」「配管が壊れている」など、見た目では分からない欠陥をさします。

  • 内覧は業者が行う1度だけ

仲介では、購入希望者が内覧をしたうえで購入を検討するものです。そのため、場合によっては何度も内覧を受け入れなければなりません。一般的に内覧前には軽く物件の清掃を行い、きれいに見せるものです。また、売却予定の物件に居住中であれば、他人を家にあげること自体が大きなストレスともいえます。一方、買取の場合は、内覧は業者との1度だけで済むのです。

  • スケジュール、資金計画が立てやすい

いつ売れるか分からない仲介では、スケジュール調整や資金計画が立てづらいといえます。しかし買取ではすぐに現金化できるため、先の見通しがつきやすいでしょう。

  • 周囲に知られにくい

仲介では、法的に物件検索サイト「REINS」に掲載する義務があるほか、業者が広告に出すため外部の人でも情報を入手することが可能です。その点、買取であればこのような情報がほとんど漏れません。「物件を売却しようとしていることを周囲に知られたくない」という方には嬉しいメリットです。

買取のデメリットは売却価格

買取の唯一のデメリットが「一般的に売却価格が仲介に比べて安くなる」ということです。物件を買い取った不動産会社は、後々その物件を個人へ売却します。仲介しているときと違い、その間の維持費は不動産会社が支払わなくてはなりませんし、仲介手数料を取ることもできません。また、物件によってはリフォームやリノベーションをしてから再販するケースもあります。これらを踏まえたうえで利益を出す必要があるため、それ相応の価格で買い取っているということです。

こういうケースは買取に向いている

それでは、実際に仲介よりも買取で売却すべきケースについてご紹介しましょう。買取を選択した方が良いのは以下のようなケースです。

  • 売却に手間や時間をかけたくない
  • 売却資金がすぐに必要
  • 売却していることを周囲に知られたくない
  • 忙しくて内覧の受け入れや価格交渉に時間を割けない
  • 築年数が古く、売却しにくい物件

このようなケースに当てはまる方は、買取を選んだ方がメリットは大きいといえます。

売れない期間は維持費がかかる

不動産には維持費がかかります。売れないまま時間だけが経過していけば、結果的に多くの費用がかかってしまうこともあるでしょう。「買取」か「仲介」のどちらにするか、両者をしっかり比較しつつ早めに決断することが大切です。

関連記事