【不動産関連NEWS】楽街:一棟マンション価格 3か月連続下落

収益物件数 No.1 国内最大の不動産投資サイト『楽待』 物件統計レポート 2018 年 4~6 月期 投資用不動産の市場動向

不動産投資サイト「楽待」を運営する株式会社ファーストロジックより、同サイトにおける投資用不動産市場調査 4~6 月期の結果が公表されました。 (調査期間:2018 年 4 月 1 日~同年 6 月 30 日、対象:期間中に「楽待」に新規掲載された全国の物件)

一棟マンションでは表面利回りが減少傾向にあったものの、4 月からは 2 カ月連続で上昇、物件価格は 3 カ月間で下落を続けています。 投資用区分マンションの利回りは 5 月に上昇したものの、6 月に下落し、ほぼ横ばいが続いています。 価格は 5、6 月の 2 カ月間で上昇しました。 一棟アパートの表面利回りは減少傾向にありましたが、5 月には 0.27 ポイントの上昇となりました

株式会社ファーストロジック ニュースリリース

https://www.firstlogic.co.jp/wp-content/uploads/2018/07/firstlogic_press_201807.pdf

関連記事