【不動産関連NEWS】CBRE 全国13都市のオフィスビル市場動向(2018年第3四半期)を発表

CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)より、2018年第3四半期(Q3)の全国13都市オフィス ビル市場動向を発表されました。

 東京グレードA空室率は対前期比-0.5ポイントの0.9%と、2007年Q2以来11年ぶりの1%割れ  大阪グレードA空室率は対前期比+0.7ポイントの0.9%、ただし賃料は調査開始以来の高値を 更新  名古屋グレードA空室率は対前期比-0.3ポイントの0.6%と、最低値を更新 【今後1年間(2018年Q3-2019年Q3)の賃料予測】  東京グレードA賃料は予想を上方修正:今後1年間では1.5%の上昇を予想  大阪グレードA賃料:今後1年間では4.6%の上昇を予想  名古屋グレードA賃料:今後1年間では2.8%の上昇を予想

CBREのニュースリリース

https://www.cbre.co.jp/-/media/files/japan/jomv/cbre_newsrelease_20181023_jp.pdf?la=ja-jp

関連記事