バランス釜をどう交換する?空室対策は将来性も考慮した選択が大切

バランス釜をどう交換する?空室対策は将来性も考慮した選択が大切

戸建住宅、マンションでもユニットバスや給湯器式のお風呂が普及した現在、バランス釜と聞いてもピントこない人も少なくないでしょう。バランス釜とは、給湯器式のお風呂が普及する以前に広く使われていたお風呂の湯沸かしシステムのひとつです。最近では個人の住宅でほとんど見かけなくなったバランス釜ですが、古い賃貸物件ではいまでも使われています。そもそもバランス釜とはどういった仕組みのものなのでしょうか。浴槽の横に設置されたバランス釜を使うメリットはどういったものなのでしょうか。古くなった賃貸物件の空室対策として効果のある浴室のリフォームを考える際、バランス釜を使い続けるのか、それとも他の方法を選ぶのかは重要なポイントのひとつです。今回はバランス釜について、機能や使い勝手を確認し、他の方法へのリフォームについても考えてみましょう。

バランス釜とはなに?

バランス釜は1965年ごろに使われ始めた風呂釜の一種です。浴槽の横に設置され、湯沸かし・追い炊きのために使います。浴槽に水を張ると、バランス釜本体にも水が入るような構造になっており、バランス釜を起動させ、湯沸かしまたは追い炊きに設定するとバランス釜内に入った水を温め、お湯を浴槽内に戻すという仕組みです。

浴室内に設置されていますが、屋外の空気を使ってガスを燃焼させ、排気ガスは外へ排出するようになっていますので、浴室内に一酸化炭素が溜まることもありません。さらに、現在のバランス釜は着火が電池式になっており、不完全燃焼を起こさず、確実に着火することができるようになったことにより、安全性がさらに向上しています。また、空炊きなど不完全燃焼による事故を防ぐ安全装置も備わっており、昔ながらの風呂釜とは言え、安全面の心配は少なくなっています。

バランス釜を取り替える場合のメリットとデメリットと予算

停電した場合でも、水とガスさえ使える状態ならばお湯を沸かすことが可能であるため、急な停電など緊急時にお湯が確保できるなどバランス釜のメリットはいくつかあります。さらにバランス釜使用時の手間についても使い慣れると難しい操作がいるわけではないので気にならない、という人が少なくありません。しかし、バランス釜を設置し続けるのがよいのかどうかについては迷うところです。メリットとデメリット、交換にかかる費用を確認しておきましょう。

メリット:電気を使わないから停電時も使える

バランス釜は電気を使って稼働する機械ではありませんから、停電時にもお風呂を沸かすことができます。災害などが起きた場合、水道とガスのラインさえあれば温かいお湯を確保できるというのは重要なことです。

また、シャワーとカランの切り替えができるタイプのものも出回っているので、機能的に他の風呂釜システムに比べ遜色ありません。給湯式には追い炊き機能が付いていないものも多いですが、バランス釜ではその仕組みから、追い炊きができるのも特徴です。

デメリット:浴室に設置するため浴室が狭くなる

気になる点として利用者が指摘するのが、水圧にバラつきがあることです。夏と冬では水道管を通る水温にも差があるので、水道水を温めてお湯にしてから浴槽に戻す仕組みを使っているバランス釜は、冬場の水温が低いときには、お湯になるのに時間がかかりお湯を排出する勢いも小さくなるのです。そのため、冬場にシャワーを使うときなどは、お湯が勢いよく出ないなどの状態になることもあります。

また、このことはガスの使用料にも影響します。冷たい水を温めなければならない冬場は、ガス代がかさむ場合もあります。

さらに、気になるのが浴室の狭さです、バランス釜の幅はほぼ30センチです。それを浴槽の横に設置する必要があるため、他のバスシステムと比較して、同じ大きさの浴室における浴槽はどうしても小さなものになってしまいます。大きな浴槽を置きたい場合には、浴室自体を広げなければなりません。またバランス釜の能力的にも大きな浴槽にすると、その分、お湯が沸くまでにかかる時間が長くなってしまうため、性能的な限界もあります。

また、掃除がしにくい、見慣れない機械が浴室にあるので危険ではないかと心配する人も少なくありません。とくに、賃貸物件の場合には居住者が抱くイメージや使い勝手の良さが重要であるため、バランス釜を使った浴室は躊躇される可能性も高く、そこが大きなデメリットになりえます。

新しいバランス釜に取り替えるための費用

バランス釜を新しいものへと交換するための費用は、本体価格と工事費を含めておおよそ15万円〜20万円です。最近はバランス釜にもさまざまな種類があり、シャワーが使えるものなど、付随している機能によっても本体価格が異なります。

バランス釜をホールインワンタイプ(壁貫通型給湯器)に交換する

バランス釜を別のバスシステムにリフォームする際に選択されるのが壁貫通型の給湯器(ホールインワンタイプ)です。

ホールインワンタイプとは

ホールインワンタイプ(壁貫通型給湯器)は1980年代に、それまで広く使われていたバランス釜を用いたバスシステムから給湯器型のバスシステムに転換していった時期に開発されたバスシステムのひとつです。

ホールインワンタイプは、バランス釜を用いたバスシステムから給湯器型のバスシステムへの交換がスムーズに行えるように開発されたものなので、現在でもバランス釜を用いたバスシステムから給湯器型のバスシステムへの変更する際にまず候補に上がります。バランス釜を使っていた浴室は、その仕組みから、壁に給排気口用の穴が開いています。ホールインタイプはその穴にはまり込む形で設置されるため、文字どおり、壁を貫通するように給湯器が設置されることになります。

ホールインワンタイプは浴槽の隣ではなく、浴室の脇の壁に設置するので、浴室を広く使うことができるようになります。

バランス釜からホールインワンタイプへのリフォーム費用

バランス釜の廃棄費用なども含めて、大まかな相場は25万円程度です。ただし、使用するホールインワンタイプの種類にもよりますので、メーカーの商品カタログなどで機能や費用を確認しておきましょう。

将来的なメリットを考え空室対策に効果的な選択をする

最近では個人住宅でほとんど見かけないバランス釜を利用した浴室ですが、古い賃貸物件などでは現役で活躍しています。節約できるシステムとしてはかなりのメリットがありますが、掃除のしにくさ、使い慣れないため入居者が不安に感じるなど、古くなったバランス釜をどうするかは考えておくべき点です。

バランス釜を新しく取り替える場合でも、機能が追加された商品もありますので、事前にどのようなものがあるのか確認が大切です。またホールインワンタイプに交換して浴室をリフォームするのも選択肢のひとつです。若い入居希望者の多い地域にある物件の場合などには、入居希望者にとって使い慣れないバスシステムである可能性の高いバランス釜を使い続けるより、思い切ってホールインワンタイプにリフォームする方がよいかもしれません。一方で、レトロな雰囲気などを楽しむことを物件の売り文句として活用したいなど、意図的にバランス釜を採用することも空室対策としてはおもしろい選択肢だと言えます。その場合でも、バランス釜の機能、安全性、最新の商品を検討するなど、使いやすいものを選ぶことが前提です。

入居者が納得できる設備を備えることが、将来的な空室対策にもつながることを意識して、バランス釜をどうするのかの検討をしましょう。


参考:

関連記事