プチリノベーションで物件価値を高めよう!事例や費用もご紹介

プチリノベーションで物件価値を高めよう!事例や費用もご紹介

自分の所有する不動産を売却したい、または貸し出したいという場合、少しでもよい条件での売却や賃貸物件にするためにはリノベーションを検討する方もいるかと思います。しかしリノベーションは時間も費用も負担が大きくなりそうで、ためらってしまうことも少なくないでしょう。今回は時間も費用も検討しやすいプチリノベーションについて紹介します。

プチリノベーションとは

リノベーションと同様に、現状を変えることを目的として行うものにリフォームがあります。実はリノベーションとリフォームの違いは曖昧で、明確な定義はありません。現実的にこの両者は混同して使われることも多いのです。ここでは、使い分けされているケースでは、それぞれの考え方や内容がどう違っているかを確認していきましょう。

価値を高めるリノベーション

リノベーションとは、老朽化した部分を修復して元通りにすることではなく、和室をリビングに作り替える、仕切り壁を取り除いて部屋の間取りを変える、など新たな魅力を加え、物件の価値を高めるために行う工事と考えられるのが一般的です。リノベーションは工事を行うことで、既存のものより利便性や価値を高める、といったことを目的にしています。機能向上のために作り替えるので、工事は大規模なものになりやすいです。

リフォームとの違い

一方、リフォームと表現する場合には、剥がれた壁紙を張り直したり、古くなったキッチンを取り替えたり、といった建物の老朽した部分や破損した部分などを、修復・修繕し元通りに直す、原状回復といったことを目的に行われるのが一般的です。

リフォームは修復として行うことが大半なのでリノベーションと比べると小規模な工事になります。明確な線引きはないので、利便性向上や価値を高めることを目的に行うならリノベーション、古くなった建物を元通りにするならリフォーム、と考えればよいでしょう。

時間とコストを抑えたプチリノベーション

ではプチリノベーションとは、どういったものを指すのでしょうか。多くの場合、プチリノベーションとされているのは、大規模な工事をせず、費用や時間を掛けずに、利便性を向上させるために行う工事ことです。大きなリノベーションを行わなくても、ちょっとした工夫をすることでより暮らしやすい環境を実現することが可能になります。売却といった際にプチリノベーションを行うことで、より良い条件が期待できます。

またリノベーションとリフォームの線引きが曖昧なこともあり、工事を請け負う業者によってはプチリフォームとして紹介している場合もあります。

プチリノベーション事例と費用目安

ここでは、利便性向上を目的にしつつ、気軽にできるプチリノベーションの例と、一般的な費用の目安を紹介しましょう。

収納

収納を増やすためのプチリノベーションは、部屋を片付けやすくして広く使えるようにするために有効な手段です。玄関にシューズボックスを作り付けたり、押し入れをウォーキングクローゼットに変更したり、居住者層を意識したプチリノベーションを計画しましょう。

シューズボックスの設置:5万円~。素材や大きさによって価格は変わります。

押し入れをクローゼットに変更:3万円~20万円。価格に大きな差がありますが、押し入れにハンガーポールを取り付け、壁紙を貼り替える程度の工事から、扉もすべて変更する工事まで、想定する内容によって変わってきます。

壁面収納(書棚など):50万円程度から可能です。サイズや形状に合わせたオーダーメードの棚を作ることになるため、費用は棚を設置する場所によって見積もりを出してもらいましょう。

壁一面に棚を作り付ければ書籍や小物などを大量に収納できるようになります。書斎がなくても、壁面収納を作って書籍を並べれば、書斎コーナー的な空間が作れるといったように、部屋の印象を変えるのには効果的なプチリノベーションです。また、廊下の壁の有効活用にも最適です。

床に手を加えると部屋の印象がずいぶんと変わります。床を貼り替えようとすると手間が掛かりますが、部屋の一部にマットを置いたり敷いたりするだけなら簡単にできます。寝室やリビングに置き畳を数枚置いて和のテイストを取り入れ落ち着ける空間にする、あるいは、リビングのフローリングにタイルマット数枚敷いてみるのもクッション性、防音効果が期待できるほか、部屋の印象を変える方法のひとつになります。

たとえば畳の部屋をフローリングに貼り替えると、広さにもよりますが15万円程度の費用がかかります。また防音機能を強化するために防音マットを敷き詰める、防音機能のある床材に変える場合なら、方法に応じて20~80万円程度が目安になります。

キッチン

壁にフックを掛けられるバーや壁面ラックなどを設けると、キッチンを使いやすくするだけでなくカフェ風の演出もでき、おしゃれ感がアップします。たとえば、レンジフードの下にフックを取り付け、調理用品を引っ掛けて収納できるようにしたり、壁面の一部を黒板風に変更してカフェのようなキッチンを演出したりすることもできます。フックのようなパーツを取り付ける、一部の壁紙を変更する程度の工事なら部材費と工賃程度が費用となりますので、部材を予算内に収まるものから選ぶことがポイントです。

またキッチンのシンクを交換する、レンジフードを交換するなど大掛かりな工事になると80万円以上が目安になります。

トイレ

壁や床の色を変えるだけで、既存のトイレのイメージが変えられます。たとえば、壁紙と床を白色あるいは寒色系の淡い色に張り替えると清潔感が出ます。またグレー系で統一すると清潔感とともに落ち着いた雰囲気になります。また、レンガ調の壁紙に替え、床を木目調のクッションフロアに変更するとナチュラルな空間になります。

壁紙、床材の張り替えのみのプチリノベーションなら、それぞれの素材価格と使用面積で大まかな費用が出せますので、予算に合わせて素材を選ぶようにしましょう。

まとめ

プチリノベーションを施し、今よりも価値を高めようと考えるとき、大切なのはどの範囲までの工事を行うかを明確にしておくことです。予算を明確にしておき、求める機能を整理し、素材選びや工事期間などを依頼する工務店と相談しましょう。機能や価値を高めることを目的にするとプチリノベーションといえども、費用は高額になる場合もあります。同じ内容の工事でも素材や工事方法などで費用を検討してもらえる場合もありますから、希望と予算をしっかりと決めておく必要があるのです。

計画が十分に練り上げられたら、実行に移し、利便性を向上させ、所有する不動産の価値を高めましょう。

 

参考サイト

 

関連記事