開発プロジェクトで注目を集める『品川新駅』の注目ポイント

新しい街の中核となる施設とは、いったいどんな内容なのでしょうか。世界中から先進的な企業と人が集まり、多種多様な交流から新たなビジネスと文化が生まれる、このエリアに注目が集まっています。

 

「品川新駅(仮称)」の概要

【POINT】

・山手線と京浜東北線の2路線が乗り入れる

・東京オリンピックが開催される2020年に暫定開業

・「創エネ」と「快適な空間」

 

『品川新駅』が建設されるのは、田町駅から約1.3㎞、品川駅から約0.9㎞付近。都営地下鉄と京浜急行電鉄が運行されている『泉岳寺駅』のほど近くです。そして新駅には、山手線と京浜東北線の2路線が乗り入れます。つまり都内各所への移動は新駅が利用でき、かつ、空港へも『泉岳寺駅』の「京急線エアポート急行羽田空港行き」を使えば乗り換えなしで移動が可能ということです。この駅の暫定開業は東京オリンピックが開催される2020年を予定しています。

また充実した設備面にも注目です。まずは太陽光パネルと小型風力発電機を設置する「創エネ」の実現。そして、夏場のコンコース内の温度上昇を抑えるために、屋根には日射反射率の高い膜材を使用します。また、消雪用散水機能を活用する打水効果で、膜表面の温度を低下させることが可能です。

 

国際交流の拠点のデザインは「和」

【POINT】

・デザインアーキテクトは世界で活躍する隈研吾氏

・モチーフは、日本の伝統を思わせる「折り紙」と「障子」

 

国際交流の拠点となる「品川新駅」。新しくできる街の象徴となることを目指し、世界的な建築家である隈研吾氏をデザインアーキテクトとして起用しました。渋谷駅周辺の再開発プロジェクトや、栃木県宝積寺駅など、豊富な実績をもつ隈氏。新駅では、日本の魅力を発信していけるよう、「和」を感じるファサードを予定しています。大屋根のモチーフは、伝統の「折り紙」。そこに「障子」をイメージして「膜」や「木」を素材として活用するそうです。また、ランダムに折られたようなデザインを施した膜屋根も印象的。角度によって見えかたを変える、多様な表情を生み出します。

 

街と連携したイベントスペースにも。

【POINT】

・「エキマチ一体」

・約300㎡のイベントスペース

・約1,000㎡の吹き抜け

 

人と地域をつなぎ、「エキとマチを一体化」させることで、新しい街の魅力を発信していくことも新駅の大きな目的になります。それを実現させる連携イベントが行えるよう、駅の改札内に約300㎡のスペースを確保。国際的な文化交流があるこの街で、日本のよさを伝えていきます。さらに駅舎の両サイドに大きなガラス面を、コンコースには約1,000㎡の大きな吹き抜けを設けるそうです。これは駅と街のどちらからも、見通せるようにするため。「一体感」を高める大きな要素になっています。

 

今回の発表で『品川新駅』には、日本と世界が注目する点が多くあげられました。これまでは、スポットライトをあびてこなかったこの地が、日本有数のターミナルとなっていきます。

関連記事